添削に来校された
編集者の皆さんからMessage

少年サンデー

株式会社 小学館
「週刊少年サンデー」編集長

堂本 強介さん

一度きりの人生だから、
やりたいことに賭けてみよう。

●今の職業に就くまでの流れを教えてください

中学時代に「どうせ将来働くなら、好きなことを仕事にしよう」という考えだけで、漫画編集者になろうと決めました。“編集者”だったのは、絵が描けなかったから。本当にそれだけでした。高校時代は漫画を読んだり映画を見たりと、自分の興味に忠実に過ごしていました。特別なことをした記憶はありませんが、それが今に活きているとも感じています。

●添削会ではどのようなアドバイスをされていますか?

学生さんによりけり、と言ってしまえば元も子もないですが、本当にそうなのです。「自分を出す」ことが苦手な方、逆に「読者を意識する」ことが苦手な方…。絵、コマ割り、キャラクター、ストーリー、演出――どこが武器で、どこが課題なのか。人それぞれです。ですので、「是非一度作品を見せていただき、アドバイスをさせてください」というのが私たちの考えです。

●これからの漫画業界の可能性は?

自身の“武器”を持っている人かなと。これは過去から変わっていないことでもありますが。武器と言っても、「絵に個性がある」「台詞回しが上手い」などだけでなく、「女の子を描くことにこだわりがある」なども含めてです。「他の人にはないもの」を持っている人・持とうとする人は、いつの時代も強いと思います。

●漫画家、編集者、出版社の仕事の魅力は?

漫画家と編集者。この2人で世界を楽しませたり驚かせたり出来る、こんなに痛快なことはないと思います。多くの人の心に残るもの、人生を変えるものを作ってみたい方には、この上なく魅力的な世界ではないでしょうか。

●漫画の道に進むべきか、迷っている高校生へ

月並みな表現ですが、「一度の人生、やりたいことに賭けてみないか」と強く伝えたいです。険しく苦しい道であることは間違いありません。けれど、それを乗り越えた先にあるものを想像すると、たまらなくワクワクしてきませんか。したならば、是非漫画界に一歩を踏み出してみてください。楽しい世界ですよ。

●漫画業界で活躍するために、今からやるべきことは?

インプットとアウトプット、これに尽きると思います。漫画に限らず様々なものに触れ、興味の幅を拡げる。そして、漫画を描く。この繰り返しが実を結ぶのだと思います。

●大阪総合デザイン専門学校の漫画コースについての印象は?

出張編集部でお伺いした際、丁寧にご対応いただきました。また、生徒さんへのケアが手厚く、沢山プロデビューする作家さんがいらっしゃるのもうなずけました。

●大阪総合デザイン専門学校の漫画コース在校生の印象は?

非常に熱心な学生さんが多く、質問を募った際にも様々なことを尋ねてくれました。ネームを描くスピードも速く、やる気に溢れているなという印象です。

資料請求