Interior Design

インテリアデザイナーになるには

インテリアデザイナーになるには、どのような方法があるか気になると思います。今回は、インテリアデザイナーになるにはどのような方法があるか紹介します。インテリアデザイナーになりたいと思っている人は必見です。

■インテリアデザイナーになるには

インテリアデザイナーになるには、住宅建築関係やインテリア関係などの大学や短期大学、専門学校で学ぶのが一般的です。インテリアデザイナーの仕事は、インテリアを用いて内装を作り上げるほか、自分で設計したり企画したりと専門的な内容が多いといえます。

そのため、インテリアについて専門的に学べる学校に通うことがインテリアデザイナーになる近道といえます。しかし、インテリアデザイナーになるには専門的な学校に通うことが絶対条件ではありません。高校卒業後に、住宅建築関係の事務所やインテリア関連の企業に就職する人もいます。インテリアデザイナーになるために必ず必要な資格もありません。

■インテリアデザイナーには独学でなれる?

独学でインテリアデザイナーになれるのか気になる人もいると思います。結論として、独学でインテリアデザイナーになった人も中にはいます。しかし、独学でインテリアデザイナーを目指すのは一般的に難しいでしょう。前述したようにインテリアデザイナーになるために必ず必要な資格はないため、独学でもなれるチャンスはあります。ただ注意しておきたいのは、独学で学んでインテリアデザイナーになれるという保証はないということです。

もちろん専門的な学校で学んでも、必ずインテリアデザイナーになれるという保証はありませんが、独学の場合と比べると学校で学ぶ方に大きく軍配が上がります。専門学校などで学んだ人のなかには、もし独学で学んでいたらインテリアデザイナーになるのは難しかったと感じている人が大多数です。独学でインテリアデザイナーを目指すのは難しいといえるでしょう。

それはインテリアデザイナーが、専門的な知識やスキルを要する仕事であるためです。知識を覚えればよいものではなく、図面作成や設計などの業務は独学で学ぶのは難しいと感じる人が多いのです。

インテリアデザイナーを目指すのであれば、インテリアデザイナーに精通した「専門学校」で学ぶのがおすすめです。専門学校では、インテリアデザイナーとはどのような仕事か、どのような力が必要かをしっかり把握している講師陣がバックアップしてくれます。そして、必要な知識や技術を身につけるためのカリキュラムを通じてしっかりと学べます。インテリアデザイナーになりたい人は、基礎から応用まで学べる専門学校を選ぶとよいでしょう。

■インテリアデザイナーの学校選びのポイント

インテリアデザイナーになるには、インテリアデザイナーに精通した専門学校がおすすめと前述しましたが、専門学校に通っていれば安心というわけではありません。たくさんの学校があるため、学校選びも重要になってきます。

まず、インテリアデザイナーの学校を選ぶ際は、その学校の「卒業生がどのようなところに就職しているのか」を確認しましょう。インテリアデザイナーの就職先は多くあり、就職先によって仕事内容も大きく異なります。自分のやりたいことができる就職先があるかどうかがポイントです。

「就職先」と併せて「就職率」のチェックも必須です。就職率が高い専門学校だと安心して通えます。就職に至るには本人の努力もさることながら、学校のサポートが非常に重要です。就職のサポート体制が整っていれば、就職活動でつまづいたときも一人で悩まずに問題解決できます。

■インテリアデザイナーを目指すなら取得しておいた方がよい資格

インテリアデザイナーとして活動するために必ず取得しておかなければならない資格はありませんが、可能であれば取得しておいた方がよい資格もあります。

「インテリアデザイナー資格」は、インテリアデザイナーとして幅広い知識を有しているかどうかを証明する資格です。インテリアデザイナーとして働く上で必要な知識や表現力などが問われ、インテリアデザイナーの仕事に直結しているため、就職の際にもアピールできます。

「インテリアプランナー」は、インテリアの設計などをする際に必要な力を身につけているかどうかを認定する資格です。設計に関する知識や技術が欠かせないインテリアデザイナーには、もってこいの資格といえます。

インテリアを用いて空間を作り上げるのが仕事のインテリアデザイナーには、「インテリアコーディネーター資格」もおすすめです。快適な住空間を作るために、必要なスキルを持ち合わせていることを認定する資格です。

これらの資格は、必要な知識やスキルを身につけていることが求められるインテリアデザイナーが働くなかで持ち合わせておくべきものが詰め込まれています。資格を持っていることで、就職時や職場でのアピールにも繋がるためおすすめです。

まとめ

ここまで、インテリアデザイナーになるにはどのようにしたらよいか紹介してきました。

インテリアデザイナーは専門的な知識やスキルが必須な仕事のため、「専門学校」で学ぶのがおすすめです。就職率や就職先、就職サポート体制が整っているかどうかをチェックして、自分に合った学校を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OPEN CANPUS
OPEN SCHOOL