Interior Design

インテリアデザイナーとは?

「インテリアデザイナー」とはどんな職業が知っていますか?名前を聞いたことはあっても、実際にどんな職業か知らない人も多いと思います。今回は、インテリアデザイナーがどのような職業か紹介します。インテリアデザイナーの仕事に興味がある人、インテリアデザイナーを目指そうか迷っている人は必見です。

■インテリアデザイナーとは?

インテリアデザイナーは、人がより快適に過ごせるようなインテリアを通じて、最適な空間をもたらすために部屋全体の空間をデザインする職業です。その名のとおり家具や雑貨、照明などのインテリアを用い、見た目や実用性などさまざまなことを総合的に考え、いかに快適な空間へと仕上げていくかが重要です。

インテリアデザイナーは、インテリアを用いて空間をつくりだすだけに留まらず、部屋の内装の設計まで行います。家具や照明などのインテリア、内装の設計などインテリアデザイナーが担当する仕事の範囲は幅広いため、広く多くの知識を持ち合わせておくとインテリアデザイナーとして活躍できるでしょう。

インテリアデザイナーの就職先

インテリアデザイナーの就職先には、さまざまな分野の企業があります。内装の設計と前述したとおり、設計を行う施工会社やハウスメーカー、建築設計事務所、デザインを主にしているデザイン事務所などもインテリアデザイナーの就職先となります。設計を行う企業の他にも、家具メーカーなどインテリア業界もインテリアデザイナーの就職先として挙げられます。住宅関連企業、インテリアの販売店などが就職先となりますが、就職先によって仕事の内容も大きく異なります。

インテリアデザイナーの就職先はインテリア関連の企業だけに留まらず、企業のなかでインテリア分野を広げて事業を展開している企業もあります。そのため、一見インテリアを主にしていない企業であっても、インテリア部門がありインテリアデザイナーが活躍していることもあります。

また、インテリアデザイナーとして独立して活躍している人もいます。インテリアデザイナーの就職先によって働き方も変わるので、自分がどんな働き方や仕事をしたいのかを考えて選ぶとよいでしょう。

■インテリアデザイナーの展望

インテリアデザイナーの需要は高まってきています。例えばお店などを想像すると分かると思いますが、今は照明や室内のインテリアにも力を入れているところが多くあります。インテリアや内装に工夫が施すお店や施設が増えてきたということは、インテリアがいかに重要な役割を果たすかということが分かるでしょう。インテリアによってお店の雰囲気や印象が決まると言っても過言ではありません。お店はサービスもさることながら、よい雰囲気のお店かどうかで“また来たい”と思えるお店かどうかが決まります。よい雰囲気かどうかを決めるのに、インテリアが大きく影響しているのです。

インテリアデザイナーが手がけたものは、お店や施設の雰囲気を創り出しているといえます。いくらよいサービスを提供してくれてもお店や施設の空間が過ごしにくかったら、また来たいと思う気持ちは半減するでしょう。反対に、過ごしやすく快適な空間が演出されているところには、“また来たい”という気持ちを抱く人も多いでしょう。このようにインテリアにこだわる企業は増えており、「インテリアデザイナー」は今後も強く求められる職業といえます。

また、インテリアデザイナーの顧客は企業だけではありません。“戸建住宅をおしゃれに作りたい”という人も多いでしょう。そんなときもインテリアデザイナーの出番です。家を買うのは、一生の買い物です。そのため、家には妥協することなく、自分の思い描く空間を作り上げたい人も多いでしょう。既存のものではなく、「オーダーメイド」にこだわりたい人もいます。インテリアデザイナーがお客様の意向を汲み取って最適なインテリアの提案ができれば、納得のいく家づくりが可能です。

インテリアデザイナーを必要としている企業やお客様は、想像以上に多く存在します。これは、インテリアデザイナーを目指そうと考えている人には朗報です。インテリアに力を入れる企業は年々増えており、今後もさらなる需要の高まりやインテリアデザイナーが活躍する場も多くなることでしょう。もちろん、インテリアデザイナーの需要が増えてきているからといって、誰でもインテリアデザイナーになれるわけではありません。知識や技術を持ち合わせた人が重宝される業界なので、インテリアデザイナーとして活躍するための経験を積んでいくとよいでしょう。お客様に合わせた幅広い提案をしたり、“自分らしさ”を活かしたコーディネートや設計ができれば、一人前のインテリアデザイナーとして強く求められる存在へとなれるでしょう。

まとめ

ここまで、インテリアデザイナーはどのような職業か紹介してきました。インテリアデザイナーの活躍の場は広がっており、私たちが生活しているなかにもインテリアデザイナーが手がけたものは多く存在します。近年はインテリアデザイナーの需要が高まっていることもあり、今後もさらなる活躍の場が期待される職業です。さまざまな提案ができるインテリアデザイナーになればさらに重宝されるため、今後幅を広げるためにも、インテリアについてさまざまなことを学んでいくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OPEN CANPUS
OPEN SCHOOL