イラスト・キャラクターデザイン専攻

イラスト・キャラクターデザイン専攻のポイント

POINT1
多彩なスタイルや表現方法からデザインスキルの向上を図る

イラストを描く基礎となるデッサン力はもちろん、デジタルコンテンツやキャラクターデザインなど様々なアイデア・企画を立案し、作品として描き上げる力を育成します。

POINT2
キャラクター創造力を養い、幅広さと専門性を併せ持つプロに

キャラクターの設定や世界観、役割などを考え、表現する力を養うことで、イメージしたものを的確に表現し発展させる力を身につけることができます。

POINT3
イラストレーターとしての新たな表現の幅を広げる

特殊印刷や印刷全般を通して、個性的なスタイルの実践を図るイラストアレンジメントや、デジタル媒体の領域にも対応できるスキルを習得します。

イラスト・キャラクターデザイン専攻の学び


学生主体の企画展を開催

天満橋にある「ギャラリースプーン」において、毎年企画展を開催しています。2年生の作品を中心に、1年生の選抜作品も展示されます。


地域活性化プロジェクト

地域活性化を目指した授業では、梅田にある
芝田商店街のマスコットキャラクター制作をしたキャラクター作品が実際に公式採用され、北区区長賞を受賞しました。


産学共同プロジェクト

関西二期会とのコラボレーション企画として実際に使用されるオペラ公演の告知物のデザインを職業実践として授業で行っています。


ギャラリースプーンでの作品プレゼンテーション

カリキュラム

当専攻では、イラストレーター・絵本作家・キャラクターデザイナーや、デザイナー職などの幅広い職業に対応した実践教育を行っています。


産学共同プロジェクト、関西二期会スタッフによるオペラ内容説明会

プロジェクト

産学共同プロジェクトなど具体的な実践授業を行っており、文部科学大臣認定「職業実践専門課程」取得しました。


芝田商店街マスコットキャラクター表彰式

多くの受賞・採用実績

毎年、多くの学生作品が受賞や採用実績があり、卒業後の進路にも役立っておりいます。又、キャリア教育にも力を入れています。

●キャラクター創造

キャラクターデザインの作画やコンセプトワークを通してイメージしたものを表現する力を養います。

●デジタルコンテンツ表現

動画を中心としたデジタル媒体の仕事の領域の広がりに対応した表現する力を養います。

●絵本表現実習

イタリアボローニャ国際絵本原画コンクールへの応募など個性を生かした絵本創作を行います。

●イラスト表現実習

作品の表現の幅を広げ、ギャラリーでの展示など外部にアプローチできる作品制作と行動力を身につけます。

→イラスト・キャラクターデザイン専攻の教員・講師はこちら

卒業後のビジョン

イラストレーター
絵本作家
キャラクターデザイナー
編集デザイナー
CGデザイナー

ゲームデザイナー
造形作家
グラフィックデザイナー
Webデザイナー
グッズデザイナー

在校生の声

イラストレーターになる。子供のころからの
夢を実現するために、OSCDを選びました。

ビジュアルクリエーター学科 イラストレーション専攻

安達 秋花さん1年 島根県立松江農林高等学校卒業

この学校では、イラストレーターや絵本作家に必要な技術や多彩な表現方法を学べます。また、第一線で活躍しているプロから、習得した技術を、どう仕事へつなぐか、どう活かすかまで、教えてもらうことができます。
将来はイラストレーターとしてはもちろん、オリジナルキャラクターやステーショナリーの商品化にかかわったり、絵本を描いたり、色々なことにチャレンジしたいです。

 

卒業生の声

幅広さと専門性を合わせ持つイラストレーターに。

株式会社ナカヨシ デザイナー

近藤綾香さん2014卒業

クレーンゲームのぬいぐるみや、文房具の企画・キャラクターデザインを行っています。自分が関わった商品が日本全国に流通し、子供たちを笑顔に出来ると思うと嬉しいです。仕事の傍ら、個人としての作品作りや展示会も定期的に開催しています。将来は雑誌に掲載されるイラストや書籍の装丁なども手がけてみたいです。在学中に身についたのは向上心。自分から先生に質問に行ったり、グループ展に挑戦したりと、積極的に行動することが作品の幅を広げ、様々なチャンスにつながるのだと思います。

技術はもちろん、プロ意識や、
営業力を磨くことも必要です。

ART COCKTAIL勤務 作家/イラストレーター

小松奈保美さん2008年卒業

ギャラリー「ART COCKTAIL」で働きながら、「こつw」という作家名で月に数回アートイベントや企画展に参加しています。また携帯コンテンツやアプリゲーム、お菓子のパッケージなどの商用イラストもフリーランスで受注しています。最近はSNSなどの普及により、作品を発表する場は増えましたが、活動の場所を広げ、仕事を獲得するための営業力を見につけておくことも大切です。最前線で活躍する先生方の体験談を参考に、常にお客さんやクライアントを意識して一つひとつの課題に取り組んでください。

作品は自分自身を写す鏡。
心を豊かにすることも大切に・・・。

イラストレーター/絵本作家

亀澤 裕也さん 2003年卒業

クライアントの要望を聞き、雑誌の挿絵や絵本、本の装画や広告などで絵を描く仕事をしています。
仕事を始めた頃は自分の作品を俯瞰で見る作業が難しく、なかなか提案が通らなかったことも・・・。
日々作家としても作品を創り続けていくことで、クライアントに提案できる引き出しを増やすように心がけています。人より多くの作品を作るということは当然ですが、自分自身の中身を豊かにすることを大切にして下さい。