アニメーションコース

プロの制作工程を学び、
業界への就職を目指す

アニメーションの専門授業では、アニメ業界の現場で行われている流れと同様の制作工程を体験し、業界へ就職するための知識や技術を習得します。

アニメーションのワークフロー(概要)

アニメーションは様々な制作工程を経て完成します

  • 企画

    「どんな作品を作るか?」を決めます。自分の作りたい作品のイメージを関係者に伝えるため、企画書を作成してプレゼンします。

  • キャラクターデザイン

    作中に登場するキャラクターにあらゆる芝居をさせられるように、三面図や表情集などを作成してデザインします。

  • 美術デザイン

    背景を描くための資料となる画を作成します。風景や建物の外観、インテリアなど、世界観を加味してデザインします。

  • 絵コンテ

    シナリオを元にカット割りを行い、画面のイメージをビジュアル化します。構図やカメラワークなどの演出をこの段階で決定します。

  • レイアウト・原画

    絵コンテを元に、詳細に画面構成を決め、カメラアングルや、人物・小道具などの配置を決め、芝居を設計して動きのポイントになる絵を作画します。

  • 動画

    原画をクリーンアップして線を仕上げ、さらに原画と原画の間の絵を描き、アニメーションを完成させます。

  • 仕上(ペイント)

    「動画」工程で完成したアニメーションの線画を彩色用のソフトウェアを使用して着色します。

  • 撮影(コンポジット)

    仕上が完了した動画素材と背景やCGを合成し、エフェクトを付加して画面を完成させます。

フルデジタル制作対応
動きをクリエイトし
キャラクターに命を
吹き込もう。

商業アニメーションの現場における
プロのワークフローを学習します。
今後の主流となるフルデジタルでの制作方法に対応し、
就職に向けた実践的な授業を実施します。
また、企画から完成までの全工程を学ぶことで、
作品の発表スキルも身につけます。

授業ピックアップ

  • アニメーションワークフロー

    プロのワークフローに沿った学習を行い、アニメーション業界で即戦力となる知識や技術を身につけます。

  • フルデジタル制作

    絵コンテやアニメーション作画などを含め、フルデジタル制作時代に対応したぺーパーレスの制作方法を学びます。

  • アナログ基礎

    キャラクターの描き方やデッサン・クロッキーなど、作品のクオリティアップには欠かせないアナログの基礎学習もしっかり行います。

1年次:前期
  • ・モーションデザインⅠ
  • ・デジタルアニメーションⅠ
  • ・デッサン
  • ・クロッキー
  • ・パース基礎
  • ・コンピュータ基礎
  • ・3DCG
  • ・キャラクターデザイン
1年次:後期
  • ・モーションデザインⅡ
  • ・デジタルアニメーションⅡ
  • ・アニメーション制作実習
  • ・アニメーション概論
  • ・選択科目

(他学科他専攻の科目から2科目、所属専攻の科目から2科目選択)

2年次
  • ・ポートフォリオ
  • ・アニメーション技法
  • ・企画シナリオメソッド
  • ・演出実習
  • ・映像効果
  • ・映像編集
  • ・CGアニメーション
  • ・音響効果
  • ・卒業制作
  • ・イラストレーション
  • ・デッサン
  • ・クロッキー
  • 学生作品

トピックス

アニメーション監督とコラボレーション企画を実施!!

おかしなキャラクター「ネコ虫」と周囲のキャラクター達のやりとりを描いた、コミカルなアニメーション作品シリーズ。アニメーション監督・杉井ギサブロー先生の企画・指導の下で学生達が制作しました。1話約1分の作品で、現在4話まで制作しています。学生たちは作品を作りながら、杉井先生のアニメーション理論を学ぶ実戦的課題に取組みました。

まずはここからスタート!見て、聞いて、体感できる!

Open Campus

  • 7/21(日)
  • 7/28(日)
  • 8/1(木)
  • 8/6(火)
  • 8/25(日)
  • 9/22(日)
詳細を見る

2020年度入学生用
学校案内、学科案内パンフレットを
無料で随時発送いたします。

OPEN CAMPUS
資料請求