エンタテイメントデザイン学科

アニメーション専攻(現在 大阪エンタテインメントデザイン専門学校 キャラクターコンテンツ学科在籍)


許 庭禎

2年

台湾 高雄市立高雄高商卒業

幅広く学びながら、
進路を見極めることができます。

進路を決めかねていても大丈夫!
この学校は1年次に全般的に学びながら、じっくり進路を見定めることができます。私は入学前、
漫画もアニメーションもどちらにも興味があって迷っていたのですが、この学校ならしっかりと将来の方向性を決められると思い入学を決めました。
国際交流の機会が自然に増えます。
私は台湾から来たのですが、この学校は留学生が多くて自然に国際感覚が身につきます。色々な国の友達もたくさんできました。
弱点を克服できたクロッキーの授業。
絵を描くのが遅い方で、クロッキーの最初の授業では時間内に描き上げられませんでした。でも先生の熱心な指導と特訓の成果もあって、描くスピードも速くなり画力も向上したと思います。
将来は日本でアニメーターとして活躍したい。
日本のアニメーション制作会社でアニメーターの仕事がしたいです。そのためには今の自分に満足しないで、色々なことに挑戦して技術やセンスをアップさせる必要があると思っています。