アニメーション専攻

アニメーション専攻のポイント

POINT1
時代に即したデジタルアニメーション技術を学ぶ

日本のアニメーション業界がセルアニメーションからフルデジタル化に移行している現在、
これまでの基礎技術に加えて、デジタルアニメーション制作技術を学びます。

POINT2
現場環境におけるコンピュータの高度な利用を習得

現在のアニメーション制作では、共同制作や分業なども進んでいます。コンピュータの高度な利用方法を学ぶことで、フルデジタル化にともなう制作過程に対応できる人材を育成します。

POINT3
多くの「作る」機会から実践型のアニメーターを養成

多くの実習カリキュラムにより、作品制作機会を多く設けることで、フルデジタル化の時代において重要な「作る」精神をはぐくみ、柔軟な発想を持ったより実践型のアニメーターを養成します。


フルデジタル制作の推進

タブレットの普及とソフトウェアの進化で
より身近になった映像制作。作画・撮影・
編集のスタジオワークを小さなコンピュー
タに収めて倣う総合アニメーション制作学
習。


様々な手法

デジタルでのセルアニメーションを中心
に、・モーションアニメーション・3Dア
ニメーションを学ぶ。広く浅く、しかし
ながら根底にある「動かす」を深く学
ぶ。


個人制作に学ぶもの

アニメーション専攻は企画から発信まで、一人や少人数でのアニメーション制作を学ぶ。学生は商業に囚われない作家であり、ネット配信時代に対応する。この経験が大規模商業アニメの分業においても役立つはずだ。

フルデジタル制作の推進

タブレットの普及とソフトウェアの進化でより身近になった映像制作。作画・撮影・編集のスタジオワークを小さなコンピュータに収めて倣う総合アニメーション制作学習。
デジタルでのセルアニメーションを中心に、・モーションアニメーション・3Dアニメーションを学ぶ。広く浅く、しかしながら根底にある「動かす」を深く学び、柔軟な発想で現代のアニメ制作に対応する。

アニメーション専攻の学び


演出実習

多くの作品を通して、アニメ表現独自の演出方法を学び、演習での実践を行います。


作画演習

アニメの基本となる、動く絵を描くための演習です。もっとも基本となる、人の歩く姿から自然現象の描画までアニメ作画の基礎能力を養います。


職業実践プログラム

作画担当としてアニメーション制作会社に出向し、実際の制作現場での実習を行います。

●パースペクティブ

遠近法を通して立体的な表現を学び、アニメ作画での基礎画力を向上させます。

●モーションドローイング

人物や動物の動作について、動きをとらえる能力を養いアニメーションにおける「動き」を表現する力を身につけます。

●CG演習(MAYA)

3Dの基本とモデリング、アニメーション、ライティングについて学び、実際に3Dアニメの制作も行います。

●デジタル作画

ClipStudioPAINTを使ったデジタルアニメーション作画を、実習形式で学
びます。

→アニメーション専攻の教員・講師はこちら

卒業後のビジョン

アニメーター
アニメーション作家
CGアニメーター

アニメーション監督
キャラクターデザイナー
背景美術家