コミックアート学科

好 き を チ カ ラ に 、想 い を カ タ チ に 。

たとえ今まで絵を描いた経験が少なくても絵が上手になりたいという強い気持ちと、基礎を大切に、目標を定めてトレーニングすることで「絵」を描く技術は着実に身についてきます。しかしながらただ上手に描けるだけでは、プロにはなれません。数多くの絵を描く人の中から「選ばれる存在」になるためには自分だけがもつ武器を確立し、それを磨き上げること。その継続的な努力に終わりはありません。